Home > 中古マンション購入 10のポイント > 3.売買価額は妥当か

中古マンション購入 10のポイント

更新日 2013年5月24日

3.売買価額は妥当か

マンション価額に限らず不動産の価額には、定価が無いので高いのか安いのか分かり辛い所があります。それでも、取引事例が同じマンション内にたくさんあれば比較できるので少しは安心できますが、同じマンションに取引事例がないとなると、提示されている価額が適正なのかどうかさっぱりわかりません。

そんな時には、近隣の同レベルの同じ間取りタイプのマンションの売出し価額などを参考にしたり、仲介業者さんやローンを組む銀行さんなどにも参考意見を聞いてみてください。近隣同レベルのマンションとの取引事例との比較法が一番信憑性の有る価格だとは思います。

しかし、買主さんが色々と調査して自分でこのくらいの金額が適正だと思ってはみても、最終的に価額を決めるのは売主さんです。度の過ぎた値引き交渉をして売主さんがへそを曲げるような事態になれば感情的になり売ってくれなくなります。

仲介業者さんも契約が成立しなければ報酬はゼロですから、売買成立に向けて価格交渉等の努力をしてくれます。仲介業者さんから見て高すぎると思えば契約を成立させるために売主さんを説得してくれるでしょう。もし、売主さんが高すぎる価額を下げなければ縁が無かったということであきらめることも肝心です。