これだけ不動産売買のコンセプト

更新日 2017年1月3日

夢見ていたマイホームを買うからには、失敗は絶対に避けたいものです。多くの方が定年までにはなんとか支払いを終わらせようと考えながら、超大型のローンを組みます。マイホーム購入は、一世一代の大仕事です。

不動産を売買する場合には、要所要所を押さえておけば後悔することは少なくなります。けれども、注意すべきことがそもそもわかっていなければ、チェックのしようがなく、後のことは運任せになってしまいます。

それでも、仲介業者さんが信頼できる人ならあなたに有用なアドバイスをしてくれますから安心です。しかし、いい加減な担当者だったり、知識不足、経験不足で悪気はなくても結果が悪くなってしまったり、中には、法律違反にならない範囲でお客様をだます業者さんもいます。

もし、納得いかない買い物だったとしても、相手方に契約違反がない限り契約の撤回はできません。撤回期間中であれば手付金を放棄することで撤回できますがそのようなことにならない契約をすることが大事です。もし、納得いかない買い物だった場合には、後から色々と不都合が出てきます。たとえば、想定外の修繕費用や改良費用がかかったり、建替えができなかったり、売却しようとしても売りづらい物件だったり、価額が滅茶苦茶安くなったりとか。夫婦仲が悪くなったりする場合もありまして、ご注意です。

私は、長年不動産業界にいます。いつも思っているのは、お客様がずーっと笑顔でいられるような取引のお手伝いをさせていただくことです。本ホームページも同様に不動産の売買をされる方がずーっと笑顔でいられるように注意するべきことをお伝えしていきます。