Home > これだけ不動産業者選び > 不動産業者の選び方

不動産業者の選び方

お客様と仲介業者さんとの出会いは、お客様が物件探しのために不動産業者さんへ飛び込む所から始まります。お客様と仲介さんは、物件選び、案内、契約、引渡しまでを一緒に歩んでいきます。業者選びで当りを引けばいいですが、はずれを引くことも。せめて、物件探しの段階ではずれを引いたこと気づいてください。気づいたら即業者や担当者を替えましょう。

不動産業者選びのポイント

  1. 地域で名が知られている中堅どころが無難

    物(売物件)も人(お客さんと社員)も、地域で名が知られている業者さんに集まります。社員の不動産知識やマナーも一定の水準に保たれています。

  2. 会社の規模より担当者の資質が大事

    いくら会社が大きくても、担当者のやる気とか仕事精通度とかお客様への態度とかがダメだと当然よろしくありません。不動産業界は協会や流通機構のネットワークがよく整備されているので、たとえ、社長一人しかいない小さな業者でも、お客様との相性がよければ仕事を任せることに何の支障もありません。

  3. 不動産屋さん巡りをして自分に合いそうな店を探す

    購入の場合は、チラシ等を見て業者さんへ問い合わせるのが一般的です。その業者さんが中堅どころだとお店に行くのにためらいはないと思いますが、小さな業者さんだとちょっとためらうことがあるかもしれません。しかし、店の雰囲気も応対もちゃんとしていれば問題はないのですが、直感的にどうもヤバイなと思うときがあるかもしれません。

  4. 業者名簿の閲覧

    都道府県庁の宅建業の係に業者名簿が備え付けられています。この業者名簿には、不動産業者の行政処分の履歴・所属協会・会社の商業登記簿謄本などが掲載されています。
    無免許業者は論外ですが行政処分を受けている業者も避けた方が無難です。

  5. 本当のことを言わない仲介業者はいやだ

    物件の説明や価格の妥当性が真実に基づいて説明されているかどうか素人にはわかりません。言葉を鵜呑みにするのではなく、ところどころ質問を投げつけて様子を見てください。本当のことを言ってるかどうかなんとなくわかります。
    また、むやみに購入を焦らす仲介業者もいただけません。しかし、先に他のお客が付いてしまえば買う機会を逃すことになります。あせらされても困りますが、知らない間に物件が売れてしまうのも困ります。要は、お客様には本当のことを説明をすればいいんです。後は、お客様が自身の責任で意思決定するのですから。

  6. マナーの悪い仲介業者はいやだ。

    一事が万事ということもないでしょうが、経験上からは、一事が万事に関係していると思っています。マナーが悪ければ、不動産の仕事もダメでしょうね。

  7. 当たり前の対応をしてくれる

    お客様の質問に対して即答できなくてもきちんと調べてくれたり、探しても良い物件がなければ、無いなりのアドバイスをしてくれるのは良い仲介業者です。多くの仲介業者さんは、紹介する物件が無ければほったらかし状態になってしまいます。そんな時でもつかず離れず物件探しのアドバイスをしてくれる仲介業者は貴重です。